2011年04月29日

今宵はロイヤル・ウエディング♪


今宵は英国ロイヤル・ウエディング。


注目されていた、ウエディングドレスデザイナーは

正式にアレキサンダー・マックイーンのデザイナー

サラ・バートンと発表されました。

_1_image_size_124_93.jpg

噂はされていたものの、
ウエディングドレス“機密” 英王室が箝口令」でしたからね。

本日晴れて公表!

サラバートンのコメント曰く、
極秘で進められるドレス制作は、かなりエキサイティングなもの
だったとのこと。

そして、アレキサンダー・マックイーンチームはこの仕事を
誇りに思うとコメント。

そういえば、マックイーンは昨年悲しいことがありましたからね。

なんか選ばれてよかったな〜って。。

今回のケイトの引き裾は、2M70CM

ちなみに、故ダイアナ妃は8M近いものだったみたいですね。

いずれにしろ、映画のワンシーンを見ているようです。

本当に素敵です。

HAPPYなニュースに、一般人の私が言うのもなんですが、10年近い
長い交際期間。恋の成就に、嬉しく思いますね(^^)





posted by ななみ at 21:11| Comment(2) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウィリアムとキャサリン。

我が国なら

太郎と花子でしょうか(⌒-⌒; )

191cmと178cm・・・・。

でかっ!

報道で見ているとやはり英国

まさに英国!

ロイヤルな国!

Unitedにキングダムだ!

ウェディングドレスの注文はキャサリンが

直で電話してお願いしたとか・・・。

英国でも日本でもキャサリンが着ていた

スーツとか売り切れちゃったりするらしいけど

ウィリアムの着ている軍服はアメ横あたりで

人気がでたりするのだろうか?

素敵な結婚式でした( ̄▽ ̄)
Posted by スワン at 2011年04月30日 08:03
スワンさん♪

さすがに、王子の軍服が着こなせる人はそうはいないような…(笑)

にしきのあきらぐらいでしょうか。。

海外の風景は絵になりますね〜♪
Posted by ななみ at 2011年04月30日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。